ホーム > 親爺のひとりごと > 6月

6月

親爺のひとりごと(580)


6月に入りました。山の木々にとっては。一雨ごとに緑が一段と鮮やかになってきます。季節として、私たちには生活しにくいときですが。四季の中での大切な梅雨です。蒸し暑い日には蛍の幽玄さも味わえます。食中毒に気をつけてあき葉も皆様をお待ちいたしております。

>>2004/06/02 7:13:33