ホーム > 親爺のひとりごと > 水無月入り

水無月入り

親爺のひとりごと(580)


 先稿に書いたさとう有作先生の「人は死んだらどうなるのか」はおかげさまで評判良く多くの人たちに読まれているようで、私の紹介した人たちも購入いただいているようで感謝しつつ楽しんでいただきたいと喜んでおります。さとう先生から好評さを喜んで、たびたび電話を頂いております。
 まだお読みでない人たちにも面白い漫画絵本ですので子供から私どもの年齢までお読みいただきたいとお勧めいたします。
 梅雨前の爽やかな日が続いていますが、庭の畑で今年初めてきゅうりの収穫がされ早速味噌を付けてさくっとした歯触りを楽しみました。とまと、ナスも実を付け始め大きくなるのが待ちどうしいところです。
 6日には中学時代に一緒に野球をやった仲間たちとのゴルフ
があります。一中・五中野球部対抗ゴルフですが当時の仲間たちと未だ一緒に楽しめることのありがたさも感じています。
 間もなく梅雨入りを迎えますが、皆様体調管理には十分気を付けてうっとうしい蒸し暑い梅雨時を乗り越えていただきますようお祈りいたします。
 先日久しぶりに友人のお宅で一からそば打ちをいたしました。昔取った杵柄か何とか完成。みんなでそれぞれが打ったそばを賞味し、楽しいひと時を過ごしてまいりました。感謝です。
 

>>2016/06/01 10:59:32