ホーム > 親爺のひとりごと > 梅雨入り

梅雨入り

親爺のひとりごと(483)


 越後も梅雨入りです。玄関の絵もはらたいらさんの「明日天気になーれ」に掛け替えました。
 肌寒い梅雨空の日が続いています。
 庭の小さな畑からはキュウリが採れ始め、毎日味噌を付けて味わっています。又今年も失敗がありました。トマトの苗が私の背丈ほどに伸びましたが、根元の方が曲がっていたので縛りなおそうと今までの支えを外して伸ばそうとしたところ大幹が折れてしましました。どうなることかとテープを巻いてみましたが生きてくれることを祈るばかりです。今年は畑にEM菌を施していますがより旨いものになることを期待しております。
 メダカの産卵も始まり孵化を観察する楽しみも増えました。部屋に小さな卵が付いたホテイアオイが入った水槽を置いて観察しています。
 ベランダには毎年恒例のドクダミ、杜仲の葉を吊るし干をしています。私の黒ニンニクと共に健康の基の生産です。
 梅雨にはやっぱり紫陽花が似合いますが、私の庭には木口さんから頂いた珍種の紫陽花「苗場」と「カメレオン」も咲いています。今回の写真がその2品です。
 いつも花ある庭で嬉しいもので丁度ホタルブクロも咲き、早速切り花として花瓶に活けました。

>>2018/06/15 11:18:42